南シナ海の米軍の動きに日本は歩調を合わせない。

菅官房長官がアメリカ軍の南シナ海での動きに日本も歩調を合わせる可能性があるようなことを示唆したとかっていうことが言われていますが、これはまずないといってもいいような気がします。

なぜなら、そんなことをすれば、完全に日中関係、それに日韓関係にヒビが入り、現在進めているいわゆる積極的平和外交が台無しになってしまうから。

もちろん、現状変更を容認するという意味ではなくて、あくまでも武力的な要素は一切持たずに問題に取り組んでいこうという考えがあると思うんですね。

むしろその対極的な考えで、世界中の世論を味方に付けることで、中国が南座諸島での活動をやりづらくしていくことが最も理想的な形なのではないかと思われます。


No Comments (yet)

コメントを残す

Comments RSS Subscribe to the Comments RSS.
Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://toprencontre.info/ronoture/%e5%8d%97%e3%82%b7%e3%83%8a%e6%b5%b7%e3%81%ae%e7%b1%b3%e8%bb%8d%e3%81%ae%e5%8b%95%e3%81%8d%e3%81%ab%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%af%e6%ad%a9%e8%aa%bf%e3%82%92%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%81%aa%e3%81%84/trackback/