役員報酬が高額なのは当たり前か?

役員の報酬が数億円にもなるケースにおいては、一般の従業員との収入の格差が広がり過ぎてしまうのではないか?という話がありますが、役員になればそれなりの報酬をもらえるのは当然のことのように思います。

役員の仕事は企業の業績を上げるために様々な施策を考えて、それを実行していくことにありますが、これほど企業の業績を左右する仕事はありません。

となると、企業業績が上振れしたときには、相応の収入をえるのは当然のことです。

ですが、現実にはこうした理屈が通用しないケースもままありますよね。

昨今では企業役員が本当に役員としての仕事をしているのか?と疑問を投げかけたくなるような人がこうしたポストにつくことが多いような気がしますが、そうなると話は全く別だと思うわけです。


No Comments (yet)

コメントを残す

Comments RSS Subscribe to the Comments RSS.
Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://toprencontre.info/keizaitorendo/%e5%bd%b9%e5%93%a1%e5%a0%b1%e9%85%ac%e3%81%8c%e9%ab%98%e9%a1%8d%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%af%e5%bd%93%e3%81%9f%e3%82%8a%e5%89%8d%e3%81%8b%ef%bc%9f/trackback/