原発の差し止め

原子力発電所の差し止めの判決がついに福井の地裁でなされましたが、これはかなり司法が踏み込んだ形となったといってもいいでしょう。国のエネルギー政策について。

内容としては人権的な側面を重視して、国のエネルギー政策はそれよりも劣勢な位置にあるっていうことでしたが、この考え方には賛成ですね

ですが、現実問題として、こうした判決がいろんなところででることを考えるとどうやってもエネルギー不足に陥ってしまうことになってしまうような気がします。

つまり、電気が使えなくなるということですね。

早く新しいエネルギー源をもつ必要性が現実的にでてきたと言っても良いかも知れません。


No Comments (yet)

コメントを残す

Comments RSS Subscribe to the Comments RSS.
Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://toprencontre.info/keizaitorendo/%e5%8e%9f%e7%99%ba%e3%81%ae%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%ad%a2%e3%82%81/trackback/