ギリシャ国民がようやく正常な判断を

ギリシャが財政難に陥っていからというもの、ギリシャの国民は財政再建をするための緊縮財政を嫌い、ずるずると問題を先送りにしてきましたが、ヨーロッパ諸国の支援がなくなることから始まった銀行業務の停止をうけて、ようやく目が覚めたような感じですね。

ギリシャ政府が受け入れなかったヨーロッパ諸国の財政支援をようやく国民が受けた方がいいのでは?と思始めたんだそうです。

受け入れるかどうかの国民投票で、政府は受け入れないように呼びかけていたみたいですが、それもやっぱりダメなのではないか・・・と。

そもそも政府が受け入れずになんとかしようとしていること自体、かなり大きな問題ですが、それにようやくギリシャの人々がこのままではさらにまずいことになる、という認識をここにきてもてた、ということなのでしょう。


No Comments (yet)

コメントを残す

Comments RSS Subscribe to the Comments RSS.
Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://toprencontre.info/keizaitorendo/%e3%82%ae%e3%83%aa%e3%82%b7%e3%83%a3%e5%9b%bd%e6%b0%91%e3%81%8c%e3%82%88%e3%81%86%e3%82%84%e3%81%8f%e6%ad%a3%e5%b8%b8%e3%81%aa%e5%88%a4%e6%96%ad%e3%82%92/trackback/