化粧水の役割とその正しいやり方

化粧水はクレンジングや洗顔をしたときに落ちてしまった肌の水分を補うのが役割ですよね。

化粧水を付けたあとに美容液とかを付けるとき、それが浸透しやすくするための通りみちにもなってくれる役割も一方ではあります。

お風呂から上がった直後は肌がみずみずしくしっとりとしているので、肌は水分だけでも確かに潤うのですが、時間の経過とともに、その水分も蒸発して乾燥してしまいます。

保湿成分が配合されているような化粧水であれば、肌に浸透して、潤い効果を期待することができます。

化粧水をつけるときのタイミングについてはあまり知らない人もいるかも知れないですが、基本的にはクレンジングや洗顔をしたあとはすぐに付けるのがポイント。

2分以内にはつけたいところです。

また、化粧水をつけるときには手で付ける人もいれば、コットンを使ってつける人もいるかも知れないですが、肌に優しくつけるためにはやっぱりコットンよりも手でつけた方がいいですね。

ただ、手で付ける弱点としては、細かい部分を付けそびれてしまうこと。

その点に関しては、コットンは隅々まで化粧水を届けることがでるメリットがあります。

ただし、コットンのあの毛羽立った繊維は肌には刺激になることもあり、使うときには混沌に化粧水をたっぷりつけることによって、こすらずに付けれる状態にする必要があります。

もちろん、たたくようなパッティングはNG.

肌が傷ついてシミになる可能性もあります。


No Comments (yet)

コメントを残す

Comments RSS Subscribe to the Comments RSS.
Trackback Leave a trackback from your site.
Trackback URL: http://toprencontre.info/bikeatoakosume/%e5%8c%96%e7%b2%a7%e6%b0%b4%e3%81%ae%e5%bd%b9%e5%89%b2%e3%81%a8%e3%81%9d%e3%81%ae%e6%ad%a3%e3%81%97%e3%81%84%e3%82%84%e3%82%8a%e6%96%b9/trackback/