大掃除完了!

我が家の師走の恒例行事でもある大掃除。今年も担当を決めてそれぞれ一生懸命がんばって掃除しました。
私の担当は廊下と仏壇とその部屋、風呂、トイレ・キッチン、浴室と自室でした。

 

掃除はわりと好きな方なので自室は最後にゆっくりやろうと思い、まずは仏壇から取り掛かりました。真鍮用のクリーナーを買ってきていたのでそれを使用し磨き上げます。

 

続いて風呂とトイレ。こちらもゴシゴシこすりながら洗っていきます。最近はネットで掃除に関する便利なグッズや掃除の仕方などの情報も簡単に手に入るようになり、それを習って重曹を洗剤に混ぜて排水口の掃除をしてみたりもしました。

 

キッチンは正月用の料理を作る都合もあるので、大掃除の前の12月初旬に済ませておきました。

 

最後に自室。ちょっとした模様替えも兼ねて行いました。といってもニトリで購入してきた棚を置いただけですが、以前より収納スペースが増えて使いやすくなった気がします。
一年暮らした家に感謝をこめて行ったので気持ちよく新年が迎えられそうです。


冬休み・正月休み時のテレビゲームプレイ

時期的にはこれから冬休みに入る学生さんや少しの正月休みをもらう社会人も大勢居ると思います。

テレビゲームが趣味な方もいらっしゃると思うので年末年始の休みの事を交えてゲームについてちょっと語ってみようかと。

あくまで家庭用ゲームである事を前提で。

家族、友人達と集ってワイワイとプレイするゲームなら桃太郎電鉄やマリオパーティーなど、多人数プレイが出来るゲーム。

一人用ゲームなら長時間プレイで解いていくタイプのドラクエシリーズやファイナルファンタジーシリーズといったRPG類がありますね。

自分自身はどちらもプレイした側なので、どちらのジャンルにも良さがあると思うけれど、年末年始の休み中のゲームプレイ比率としては一人で黙々と遊ぶ事がメインになるRPG類が多かった様な気がします。

本来は学校の勉強や(自分は勉強嫌いだったので余りしてなかったですが)仕事で追われているはずの日常を忘れて部屋で暖を取りRPGの世界へ現実逃避、ある意味最高のストレス解消の時間だと思います。

 

そこでエネルギーを充電してまた仕事に学業に勤しむ日常に帰っていければゲームに費やした時間も無駄では無いはず。

 

私自身も良いガス抜きになったのでオススメしたい過ごし方の一つではあります。

 

忙しい現代社会を生きる人達こそ、もしゲームが趣味ならば一度、時間を掛けてプレイする好みのRPGに没頭してみてはどうだろうと思います、敢えて時間の掛かるRPGで。

 

私自身も好みのゲームは他にあるんですが、ひと昔前のドラクエなんかが良いのかなと思いましたね。ついこないだまでは最新作の11をプレイしたばかりなので、余計感慨深いのかなと。

 

あれこれ書いてきたけれど、ゲームのプレイジャンルはやっぱり人の好みにもよるかな。

 

アクションゲームでスカッとしたい人なんかも居ますしね。

 

 

そもそもゲームなんかやる暇ないよ、って方には駄文を失礼致しました。

 

テレビゲームが人に与える有意義性はストレス解消がメリットの一つと思った上、年末年始に差し掛かるこの時期に当たって少し考えさせられた今日この頃でした。


愛機を持って撮影会に参加

私はカメラが好きで、よく撮影に出かけます。
手持ちのデジタルカメラには、シャッターボタンを半押しするとピントを合わせてくれるオートフォーカス機能があるので、失敗することなく綺麗な写真が獲れてとても便利です。

 

今回、撮影会に参加する機会があり、この愛用カメラを持って行きました。

 

この撮影会への参加は、愛読しているカメラ雑誌が主催するイベントに応募したのがきっかけでした。

 

私は今回始めての参加であり、また東京の大手出版社の一室を使用してのイベントだったので、少し緊張していました。

 
テーマを決めて花や人物などを撮影して行くのですが、ボカシ表現、構図の決め方、光の当て方、影の作り方など、学ぶべき事が色々とありました。

 
私はひたすらカメラのシャッターを切ることに集中していて、終わってみればかなりの撮影枚数になっていました。

 

 

プロカメラマンからも貴重なアドバイスを頂き、大変有意義な時間を過ごすことができました。
機会があれば、また撮影会に参加してみたいと思います。


金融系の記事作成を頑張っています。

会社勤めをしているものの、出勤退勤以外の仕事が全くない私。

 

あまりにも仕事がなさすぎるのは虚しいものですが、このまま会社を辞めるわけにもいかないので、暇な時間を有効に活用するために副業を始めました。

 

特別な才能があるわけでもない私が選んだ副業がライターです。3年ほど自分のブログを書いていたこともあって文章を書くのには抵抗がなかったし、何より金融系の資格を持っているので定期的に金融記事の作成依頼があり、大変ありがたいのですが、突然スランプに陥りました。

 

というのも、自分の書いた記事に対して指摘が入ると、プライドが傷つけられて腹が立ってしまうんですよね。人からケチをつけらた途端にやる気がなくなってしまう自分の性格を本当に何とかしたいところです。

 

悔しいので、今後は校正やワードプレスでの記事投稿など、ライティング以外の仕事も積極的に取り組んでスキルを積み、私の記事について指摘したクライアントを見返してやろうと思っています。


神社でまったり

旦那が出張から帰ってきて久しぶりの休日。

 
今日はまったりとした日になりました!

 

公園に行こうと思ったけど、寒かったし、まだそんなに遊べないので近くの神社に行ってみる事にしました。

 

そこは結構広くて鳥がいたり鯉がいたりするので、子供も楽しめるかな?と思っていったのですが、すごく楽しそうに石を集めたりしていて、テンション上がっていたので良かったです。

 
たくさんの人に声をかけてもらっても人見知りしないでニコニコしていて、それを見ているだけで癒されました!

 
たわいもない日常だけど、一つ一つこういう思い出っていうのは大事だなと改めて感じました。

 
何がない日常だけど、当たり前に思っているけど、子供も大きくなったら一緒に出てくれなくなったりするだろうし、そう思うと大変だけど今は今で楽しまないと損だな!と感じました。

 
さぁ、明日はどんな一日になるかな?楽しみです!


文豪気分な原稿用紙&スタンダード封筒のお手紙 

定期的にお便りする習慣を持って早10年以上の年月が経とうとしている。先日もこの秋の夜長にちょっとだけPCとのおつきあいを遮断し、その分できた時間を使って身内同然の人に原稿用紙と筆ペンで一筆。

 
以前たまたま必要があったときに買った原稿用紙だけど、小中学生の作文のように敢えて原稿用紙でお手紙を書くのは史上初。だから、かえって新鮮な気持ちで筆を走らせた。メイン用紙が原稿用紙、となるとそれに合うような封筒の方も持ち合わせていないので、スタンダードで行こう!とごくごく普通の封筒で送ることに。

 
しかしこれがまた、原稿用紙に茶色い封筒っていう組み合わせがいっそう文豪気分を助長して何だか嬉しかった。茶色い封筒って白い封筒よりも何か味わいがあって好き。
手紙は本日、郵便局から無事に投函。相方に無事に届いてくれるといいな。そしてこれからも「ふみびと」であり続けたい私であった。